お金とはなにか? お金と幸せと不幸せの関係とは?

目次

理論編:お金と幸せと不幸せの関係

第1章 お金とは何か?

1 経済学的なお金の定義

 お金は、経済学においては、交換価値を持つ物品やサービスの代用品として利用される通貨として定義されます。

 通貨とは、財やサービスと引き換えに交換でき、一定の価値を持つ交換媒体のことを指します。

 お金は商品やサービスを交換するための媒介物であり、その媒介物が持つ価値に基づいて交換が行われるものです。

 お金には、物理的な形態を持つ現金や、デジタルデータとして扱われる電子マネーやクレジットカードなど、様々な形態があります。
 現代の経済においては、現金よりも電子マネーやクレジットカードのような非現金決済が増え、お金の形態も多様化しています。

 お金は、単なる交換媒体としてだけではない役割を持っています。

 お金を貯蓄することで将来的な不安を軽減することができたり、お金を投資することで資産を増やすことができます。
 お金を借りることで資金調達ができたり、貸し手側は金利を得ることもできます。

2 私達にとってお金は幸せになるための引換券

 お金とは、私たちが日々生活する上で必要不可欠なものの1つです。
 しかし、お金は単なる交換手段にすぎず、そのもの自体に意味があるわけではありません。

 お金をただ持っているだけで幸せになるわけではない、ということです。

 お金がなくても幸せな人もいますし、お金持ちでも不幸な人もいます。
 お金が幸福をもたらすのは、あくまでもお金をどのように使うか、またはお金に対する意識の持ち方によって決まるのです。

 お金を使って大切な人と一緒に過ごす時間を増やすことで、幸福感を得ることができます。
 お金を使って自己実現を図ることで、充実感を得ることができるでしょう。

 しかし、お金を使い過ぎて借金をしなければならない事態になれば、幸福感を得ることは難しくなりますし、むしろ大きなストレスを抱えることになるでしょう。

 お金が幸福をもたらすかどうかは、お金をどのように使うか、またはお金に対する意識の持ち方によって決まるのです。

 お金は自分が生きていくために必要なものである一方で、それ自体には意味がなく、お金を使い方や考え方によって幸福感を得ることができるのです。

[ Life Hack Fanatics ]の書籍は Kindle Unlimited で無料でお読みいただけます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次