いかに睡眠不足が自分の人生の目標を達成するための足かせとなるのか、という話

目次

「寝ろ。寝るとだいたい何とかなるから寝ろ。」鷲尾 勇気 より

睡眠不足による人生への悪影響

 ここまでの話で、睡眠不足がいかに健康に悪いかと言うことは、諸兄姉らにも知ってもらえたのではないだろうか。

 部分的に知っていることも多かった諸兄姉もいるとは思うが、こうして一覧にして再確認してみるのも有益なことではないかと思う。

 「わかっちゃいるけどやめられない」のが人間だ。

 それでも悪癖をやめるには、その悪影響を徹底的に理解するしかない。

 一回でわからなければ、何度でも繰り返し確認し、やめられるまで頭に刷り込もう。

 この章では、睡眠不足の健康以外への悪影響を紹介していく。

 それはすなわち「人生」への悪影響である。

いかに睡眠不足が自分の人生の目標を達成するための足かせとなるかという話

 睡眠不足がもたらす社会的・経済的な問題、 仕事や学校でのパフォーマンスの低下、交通事故や労働災害のリスクの増加、医療費の増加や生産性の低下による経済的損失の増加、睡眠不足がもたらす人間関係上の問題になどについても語っていく。

 この章でもしっかりと睡眠不足の恐怖を認識してほしい。

 でも「もうそんなもの十分わかったヨ!ごちそうさまだヨ!」という諸兄姉の方々は、第二部の問題解決のヒント、あるいは第三部の睡眠ハックスに飛んでいってもらっても構わない。

あわせて読みたい
寝ろ。こうやってすやすやと寝ろ。 【「寝ろ。寝るとだいたい何とかなるから寝ろ。」鷲尾 勇気 より】    ここからはいよいよ睡眠不足解消のための小技、大技、ひねり技、ライフハックを紹介していく...

 もしくはもういきなり寝ていただいても全然OKだ。

 なにせ寝ればたいていのことはなんとかなるのだから。

 寝られるものならば・・・

あわせて読みたい
良質な睡眠のために、朝から準備し、眠ることを儀式化せよ 【「寝ろ。寝るとだいたい何とかなるから寝ろ。」鷲尾 勇気 より】    現役おじさん保育士(兼事務長)のゆーき先生だ。  夜、しっかり眠れてる?  え、だめ?、...

睡眠不足で人生の目標から遠ざかってしまうッ!?

 

 睡眠不足がもたらす悪影響は深刻だ。

 ゆーき先生としては、健康以外のリスクの中でも、人生の目標から遠ざかってしまうことを一番に上げたい。

睡眠不足によって、日中の活動時間の集中力が大きく低下してしまう。それは生産性が下がると言うことに直結している。

 まず、生産性とは何か。

 生産性とは、単位時間あたりにどれだけの成果を生み出すことができるかということだ。仕事や勉強において、生産性が高ければ、短時間で多くの成果を上げることができるため、時間の有効活用につながり、結果として生活の質が向上することが期待できる。

 ところが当然、睡眠不足によって脳が疲れ果ててしまうと、仕事や勉強に集中できず、生産性が落ちてしまう。すると、仕事や勉強に必要な時間が増え、結果として余裕のない生活になってしまうのは必然だ。

 また、仕事や勉強だけでなく、趣味や家庭生活においても、生産性が低下することで、ストレスや不満がたまってしまうこともあるだろう。

 疲労で気力がなくなり人生の目標に対する行動ができなくなることも、睡眠不足によって引き起こされる大きな悪影響の一つである。

 疲れがたまり、頭がボーっとしていると、やらなければいけないことが後回しになり、結局は何も進まないまま時間だけが過ぎていく。

 このような状態が続くと、やる気や自信がなくなり、人生の目標を達成するための行動が取れなくなってしまう。

例:仕事での目標達成

 仕事で目標達成できると、昇進やボーナスなど、様々な形で評価される。だが当然、無気力で目標達成に必要な行動が取れないと、それらの報酬を得ることができなくなってしまう。

 また、仕事でのミスや不備が増えれば、逆に評価が下がる可能性もあるだろう。

 それが原因で自己評価も低下してしまい、将来に対する不安を抱えることに繋がってしまう。

 個人的な目標についても同様のことが言える。

 例えば、健康管理や趣味の時間を確保するために、毎日のスケジュールを立てている人も多いだろう。しかし、無気力になってしまうと、そのスケジュール通りに行動することができなくなってしまい、 人生の目標達成から遠ざかってしまう結果になるだろう。

 このことが更に気力を奪い、 より一層目標からも遠ざかってしまうと言う悪循環に陥いる危険性もある。

睡眠不足によって「いいアイデアが出にくくなること」も、人生に悪影響を与える

 人間の脳は、睡眠を取ることで、情報の整理や処理を行い、新しいアイデアを生み出すための準備を整える。しかし、睡眠不足に陥ると、このプロセスがうまく機能しなくなり、アイデアを生み出す力が弱まってしまう。

 脳が情報を処理する速度が遅くなり、判断力や創造力が低下する。また、集中力も続かなくなり、短時間の作業でも時間がかかってしまうことがある。このような状態が続くと、ストレスや不安感が増し、結果として、人生の目標に対する行動が取りにくくなってしまう。

 

 仕事においても、アイデアを出すことが求められることがあるだろう。

 しかし、睡眠不足になっていると、思いついたアイデアがどんどんネガティブなものになりがちなのだ。結果的に良いアイデアが出にくくなってしまう。

 これでは、仕事でのパフォーマンスが低下してしまい、キャリアアップも見込めなくなってしまう。

 プライベートでも、睡眠不足に陥っていると、趣味や創作活動などに必要なアイデアが出ないため、楽しい時間が過ごせず、人生において大切な自己実現の機会を逃してしまうことになりかねない。

 

 だから寝ろ。人生の目標に向かう最短コースがあるとしたら、それはまずしっかりと寝ることだ。

発行 2023年5月14日

[ Life Hack Fanatics ]の書籍は Kindle Unlimited で無料でお読みいただけます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次