【書籍紹介】寝ろ。寝るとだいたい何とかなるから寝ろ。【改訂版】

目次

睡眠で人生を改善する技術

寝ない子誰だ〜〜〜〜〜ッ!?

 こーんにーちはーっ!

 だいちゃん先生こと、諸神 大介(もろがみ だいすけ)です。

 私は、現役のおじさん保育士です。命をかけて仕事してます。
 子供たちの健全な成長や健康に、保育士としての責任を持っているということです。
 この本においても命がけで、みなさんに睡眠の重要性を説いて行きます。

「なぜ、保育士が睡眠の重要性を説明するの?」という声が聞こえてきました。
 それはですね、保育士という職務の中に、保護者の方々を含めた地域のみなさまに、保育の情報を提供するという仕事が含まれているからです。

参考までに、保育士試験の科目をご紹介します。(2023年時点)


 保育士の資格をとるためには、以下のような科目の勉強をして、それぞれ及第点を取らなければなりません。

筆記試験内容

保育原理
教育原理および社会的養護
子ども家庭福祉
社会福祉
保育の心理学
子どもの保健
子どもの食と栄養
保育実習理論

実技試験(2問選択式)

音楽表現(弾き歌い)
造形表現(色鉛筆画)
言語表現(素話)

 実はこんなに範囲が広いんですね。
 保育や教育に関する基本知識から、社会福祉の有り様、そしてフィジカル、メンタル両面での保健知識、更には栄養学から音楽の理論と実技まで、幅広く様々な学習が必要になります。

 そしてこうして学んだことをみなさんにお伝えするのも、保育士としての義務なのです。

 そんな私が、まず最初にみなさんにお伝えしたかったのが、睡眠の重要性でした。

 知ってるとは思いますが、、睡眠不足というものは、人間の健康に多大な影響を与えるものです。
 まず、子供たちにとっては、大事な成長を大きく阻害する要因になってしまいます。

寝る子は育つといいますが、、寝ない子は育たないのです。

 もちろん大人にとっても睡眠不足は、驚くほど有害です。
 心臓疾患や糖尿病、うつ病など、色々な病気の原因になります。当然寿命も驚くほど減らすことになるのです。

 それだけではありません。学校や仕事においても集中力がガタ落ちしてしまうし、災害や事故に会うリスクも上がってしまうのです。
 
 とにかく子供も大人も、きちんと寝るようにしなければいけないのです。

 でも、いつも思うのです。こんなに先生が言ってるのに、なんで子供たちは素直に寝ないんでしょう?

 え?、だいちゃん先生ともっと遊びたいから?
 じゃあしょうがないですねッ!(ニッコリ

 とも言ってられないのです、仕事上。

 そして気がついたのです。子供たちが眠らないのには、家庭環境が影響してる場合も多いということに。 
 家庭で早寝早起きというリズムを作っていないと、保育園での昼寝のタイミングもずれてしまうです。
 一緒に暮らしてる家族がいつも仕事で遅かったり、寝かしつけに慣れてない場合もあります。

 朝は誰だって忙しいですよね。朝ごはんも子供たちにとっては栄養補給だけでなく生活のリズムを作る重要なイベントなのですが、わかってはいても、それもままならないことだってあるでしょう。

 わかる。すごくわかります。私だって、共働きしながら二人育ててきたんです。

 でも、そんなときこそ先生が力になってあげるべきだと思うのです。
 保護者と協力して、子供たちがちゃんと寝むれる環境を作りたいと思いました。

それにはまず、大人もちゃんと眠らなければならないのです。

 私たち、保育士自身もそうです。保育士だって睡眠不足のまま仕事してたら、とても危険なのですから。
 寝不足の顔を子供たちに見せるわけにはいきません。なによりも、自分への健康被害も甚大となります。
 ですから、私たちも、自分の睡眠管理をしっかりしなきゃいけないのは言うまでもありません。

 お子さんがいる、いないに関わらず、みなさんにも睡眠不足による健康上のリスクや集中力の低下、事故のリスクの上昇など、しっかりと認識していただきたいと思います。

 誰でも知ってることですが、 本当に心の底から理解しているでしょうか。
 知っていても、なんだか眠くないから、やりたいことがあるから、このまま寝てしまうのはもったいないから、うんぬんかんぬんでなんやかんやと遅くまで起きてはいないでしょうか。
 
 わかる。気持ちはとてもよくわかります。私もかつてそうだったから。
 ある時期、平均睡眠時間は6時間を割っていたと思います。

でも睡眠不足の本当の恐ろしさを知って、それを改めることにしたのです。

 それで最近はようやく、まあまあの睡眠時間(平均して7時間半前後)を確保できるようになりました。
(それでも週に一日くらいは眠れない夜もあります。でも他の日には眠れるのだからまあ良し、としています)
 
 と言うことでみなさまがたにも、ぜひ睡眠不足の危険性を知ってほしいのです。
 そして、子供たちにも寝ることの大切さを教えてあげてください。
 みなさんと一緒に対策を考えて、子供たちが健やかに成長するお手伝いをしようという思いから、本書を執筆するに至りました。

「とにかく先生の言うことを聞いて、早く寝なさいッ!(怒号」

 ……と思わず叫んで子供たちが飛び起きて、園長先生に叱られるの図(ショボーン

発行 2023年5月14日

[ Life Hack Fanatics ]の書籍は Kindle Unlimited で無料でお読みいただけます

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次